住宅ローンのある不動産名義変更

Categories: 住宅ローン
Tags: No Tags
Comments: コメントは受け付けていません。
Published on: 2013年5月24日

離婚に伴う不動産名義変更にも注意が必要で、しかも生活費・家賃の支払い、夫婦が共同生活するための借金も、財産分与の対象となり、購入した住宅ローンもふくまれます。

住宅ローンが残っている不動産名義変更は難しい問題を含むので、財産分与を検討する前には専門家に相談するのがベストです。

個人的に借りた自分のための借金は財産分与の対象になりません。

例えば、仕事用に夫がマンションを購入し仕事場に使っているマンションのローンが残っているという場合は、その借金は財産分与の対象とならないということです。

離婚に伴う慰謝料として財産分与された場合は相続税の課税はありません。

しかし、不動産名義変更を行う場合には名義変更登記の時に法務局へ納付する登録免許税・固定資産税は課税されます。

また、不動産取得税も場合によっては課税され、不動産を渡す人は登録免許税・譲渡所得税が課税されます。

Welcome , today is 月曜日, 2017年11月20日