相続に伴う不動産名義変更

Categories: 相続関係
Tags: No Tags
Comments: コメントは受け付けていません。
Published on: 2013年4月23日

不動産名義変更は相続・離婚・売買・贈与など状況によって対応が違います。

相続に伴う不動産名義変更には、手続きに入る前に準備する資料や話し合いなど、不動産名義変更以前の手続きも大変だからです。

遺産を承継する人が、法定相続人になれているのかどうかは、遺言があるかないかによっても違ってきます。

ですから、まず遺言があるかどうか、次に遺言がなければ、現在の法定相続人は誰か、そして法定相続人以外に財産を取得する者がいるかどうかの確認が必要です。

法定相続人として相続人となり得るのは、配偶者・第一順位としての子や孫や曾孫などの直系卑属・第二順位として父や母などの直系尊属・第三順位として兄弟姉妹がいます。

配偶者の場合、別居中のような場合でも、相続権があり、内縁の場合には同居して夫婦のように暮らしていても相続権は一切ありません。

子は戸籍が別になっていても、養子でも胎児でも権利は均等です。

このように、条件や手続きなどが素人には大変難しいため、専門家に依頼して不動産名義変更の申請をしてもらうケースは多いです。

Welcome , today is 火曜日, 2017年9月26日